脱毛サロンの疑問を解決します。

脱毛サロンの疑問を解決

光脱毛とは?

光脱毛は、光エネルギーを使用した脱毛方法であり、脱毛部位に強烈な光を照射することにより脱毛をする手法です。光脱毛の施術することにより、ムダ毛を再生する毛母細胞が破壊されていくため、日がたつにつれて毛が抜けるようになります。

 

ちなみに毛穴引き締め効果もあるそうです。光脱毛のメリットは、広い範囲の脱毛が短時間で処理できる点及び痛みが少ないという点です。一方、毛が再生しやすいため、完全にキレイになるまで長期間継続して処理をしなければならないというデメリットがあります。

 

ニードル脱毛とは?

ニードル脱毛とは、プローブという細い針を毛穴に挿入して電流を流し、発毛組織を電気の熱によって凝固させる手法です。ニードル脱毛のメリットは、一本ずつ確実に脱毛をするために、一度処理した毛根からはムダ毛が再生しにくくなるという特徴があることです。

 

また特定の部位だけの部分的な脱毛に適している手法ともいえます。一方、一本づつ脱毛するため時間が非常にかかることと、痛みが伴うというデメリットがあります。

 

IPL脱毛とssc脱毛の違いとは?

どちらも光脱毛であるというのが共通点です。IPL脱毛についてはインテンパルスライトを使用することによって、メラニンに反応し発毛組織にダメージを与えることで処理するのが特徴です。一方SSC脱毛については専用のジェルを塗り、光を照射して処理することが特徴です。ジェルと光の相乗効果が期待できるため制毛・抑毛の効果があります。

 

医療機関との相違点とは?

医療機関と脱毛サロンの相違点は、脱毛機械の出力の大きさ、国家資格所持する医師が施術するかどうかという相違点や毛の発毛組織を破壊する行為かどうかという部分に違いがあります。

 

レーザーや光を使用した脱毛方法がありますが、脱毛サロンでは出力が制限されている光脱毛が採用されているのに対して医療機関での脱毛は、レーザーで発毛組織を破壊して、半永久的な脱毛の効果をもたらすのが特徴です。

 

永久脱毛の定義とは?

永久脱毛の定義は日本では明確に無いようですが、アメリカでは明確な条件が明示されています。その条件を満たした脱毛が、医療レーザーや電気脱毛であり、永久的な脱毛効果が期待できます。しかし完全に100%の結果は通常考えられないので、どれくらいの効果に満足するかという個人差があります。

 

脱毛に関するマナーやエチケットとは?

脱毛サロンで脱毛をする場合は、初回は毛を生やしたままにしておきましょう。毛量や毛質をチェックするのが通常ですので、毛を伸ばしておくとよいでしょう。施術前はシャワーを浴びて、清潔にしておくことが大事です。必要な場合はシェービングで毛を整えてからエステに行くようにしましょう。

 

こんなお客はお店に嫌われる?

ニオイが強いお客様はNGです。汗のにおいだけでなく、部位によっては様々なニオイがしますのでシャワーを浴びたり、汗をふきとってからお店に行きましょう。

 

脱毛サロンに行くきっかけとは?

・1位 毛の自己処理が面倒であるから
・2位 毛深いのが悩みであるから
・3位 黒ずみや毛穴が目立って恥ずかしいから
・4位 臭いが気にから
・5位 毛を無くしたいから

 

脱毛をする時に気を付けるべき事とは?

脱毛方法によってもたらす効果が違うという事です。また効果によって金額も異なるので、どのような効果とリスクがあるのかしっかり把握しておくと良いでしょう。さらに、費用対効果を考えて脱毛方法を選択することが大事です。

 

最初に脱毛をする部位の人気順位とは?

女性に人気なのはワキ脱毛が圧倒的に多いです。次がVライン脱毛です。やはり薄着になったり、水着になる夏に向けて脱毛する人が多い傾向にあります。一方男性はひげ脱毛が人気が高いです。毎日のひげ剃りが面倒だという理由が主な理由のようです。その他、腕やひざ下、胸毛など幅広く選ぶ人が多いです。

 

高校生が脱毛する時の注意点とは?

特に永久脱毛については、ホルモンバランスが落ち着く18歳くらいまでは避けたほうが良いといわれています。ホルモンのバランスが不安定な場合、脱毛した産毛が濃くなったり脱毛の効果が不安定となりうるからです。それまでは光脱毛などで施術すると良いでしょう。

 

大学生が脱毛をする時の注意点とは?

20歳以上の場合は、一定の収入があれば高額なローンを組むことが可能です。何の知識も無い状態でにローンを組んでしまうと、多重債務に陥る恐れがあるので本当に必要な出費がどうかを判断できる正しい知識が必要です。

 

20代が脱毛する時の注意点とは?

この年齢になると、海やプールなどのレジャーに行く機会も多く、自己処理や日焼けによるリスクが大きいということです。紫外線を浴びた肌は脱毛には適していないので、夏に向けて脱毛を検討する方は、秋くらいから脱毛を始めるようにしておきましょう。

 

また仕事をしている方が多いので、趣味で日焼けをしている場合は注意が必要です。お仕事帰りにお店に行く方も多いので、予約が取りにくくなる傾向がありますので早めに予約すると良いでしょう。ちなみに自分の通いやすい店舗を見つけておくことも重要です。たとえば職場の近くや自宅の近所など、時間ギリギリになっても間に合うところが無難です。

 

30代が脱毛する時の注意点とは?

妊娠や出産を経験することが多い年齢が30代です。ホルモンのバランスが大きく変わる時期であるため、妊娠期や授乳をしている間は脱毛は避けましょう。また毛の量や濃さが変化しやすいので、脱毛は出産後にしましょう。

 

40代が脱毛する時の注意点とは?

40代になるとホルモンバランスが変わりやすく、肌トラブルが出てくる年代です。肌の状態を見ながらエステシャンと相談して慎重に脱毛をすることをお勧めします。なるべく自分の生活リズムと合わせやすい店を選ぶことは、重要ポイントです。

 

50代が脱毛する時の注意点とは?

40代から始まる女性ホルモンの減少は、50代半ばまで継続する傾向にあります。ムダ毛が濃くなりやすい状態ですので、光脱毛では効果を実感しにくいといわれています。したがってレーザーや電気脱毛など、効果の高い脱毛を行うと良いでしょう。

 

まとめて複数の部位を脱毛したほうが良い場合とは?

お試しで脱毛をしてみて効果があったと思った場合です。1か所ずつ契約するよりまとめて契約した方が金額が断然安上がりになるからです。

 

お店を選ぶ時注意しないと損をするケースとは?

予約がしっかりとれるどうかという部分は非常に重要です。脱毛サロンは、定期的に通えば高い効果が期待できるのですが、予約が取りにくいと、定期的に脱毛できなくなるため効果が薄れるからです。また、どこに基準を置いてお店を選ぶかも重要です。

 

料金・サービス・接客・お店の雰囲気等選ぶポイントは様々ありますのでまずは、お試しに行く事が重要です。必ず自分の目で見て、自分に合うエステシャンがいるかどうか、コースがあるかを見極めるのが最適です。

 

知名度の低い店は安全か?

知名度の低い店の場合は、高額なプランを勧められてそのまま契約してしまうこともある可能性がありますのでできる限り調べて、理解できるまでカウンセリングを受けるようにしましょう。

 

クーポンサイトの脱毛サロンは安全か?

ホットペッパーなどのクーポンサイトに良く乗っている店でも、ある日突然倒産するケースがあります。倒産した場合は、多額の先払いした金額がすべて無駄になります。噂では、オーナーがお金を持って夜逃げするらしいです。したがって資本力のある大手脱毛サロンを選ぶというのが無難です。

 

自己処理で脱毛に失敗した方が脱毛サロンに行く場合の注意点とは?

中には毛包炎になってしまい、炎症を起こして膿を持ってしまっている方も少なくないようです。このような状況では脱毛できないので、炎症が治った後にエステに行きましょう。またどんどん毛が太く濃くなってしまって、手に負えない状況という方も多いようですので自己処理は控えめにしましょう。

 

デリケート箇所を脱毛するにあたり、性病の場合はどうすべきか?

脱毛の施術をするに当たり、非常に厄介です。必ず治療をしてから脱毛サロンに行きましょう。

 

脱毛サロンで使用している脱毛器具の種類が違っても、

フラッシュ脱毛の効果に差異が生じるか?

フラッシュ脱毛は、光の熱によって脱毛処理する仕組みです。毛の発毛組織そのものを破壊するものでは無いですし、永久的な脱毛効果があるというわけではありません。よって脱毛サロンでの脱毛器具は、痛みや肌への効果や金額に若干差が発生しますが、効果はほとんど同じです。

 

予約が取りやすい時間帯や、おすすめな曜日や時間帯は?

平日の日中は予約がとりやすい傾向にあります。一方土日、祝日であったり、平日5時以降は、仕事帰りのお客様が多いので、予約が取りにくい傾向にあります。

 

脱毛の施術が出にくい体系、体質は?

毛質はほとんど問題はないと言われていますが、体型については、太っている方は、脱毛に時間が多くかかる傾向にあります。とくにVラインIラインは非常に困難です。

 

脱毛サロンに行く時におすすめな服装とは?

脱毛サロンによってはジェルを使うこともあり、下着だけ着用して専用ガウンやTバックの紙ショーツを利用する場合もあります。お店に行く場合は、脱ぎやすい服装にすると良いでしょう。ちなみにヒザ下脱毛や、ワキ脱毛だけならノースリーブ・キャミソール・短パンなど施術中に汚れる心配のない服装が良いです。

 

顔脱毛する場合、メイク、お化粧はOK?

顔脱毛を行う場合は、自分でお化粧を落としてから行きましょう。ちなみにお店に行ってから落とすことも可能です。また脱毛後に赤みや火照りがあったという場合は、症状が収まるまでは、お化粧やメイクはしないほうがいいです。

 

脱毛施術前に、背中など自分でシェービングできない部位はどうすべきか?

このようなケースでは、自分で無理に行わなくても大OKです。脱毛サロンで専用のシェーバーを購入して、シェービングしてくれるところもありますので事前に確認しておくと良いでしょう。